ブログトップ

白髪の旅ガラス

<   2018年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ISO14001審査の課題

 ISO14001:2004規格からISO14001:2015規格へ移行した組織に対して実施された審査の解決しなければならない課題について、審査員、審査機関それに審査を受けた組織に向け提案します。


 課題1)組織の目的に関連する外部及び内部の課題の決定

 組織の目的を明らかにしていない組織が多数あります。目的を達成する観点から外部や内部の課題が決定される筈ですが、目的が不明のまま外部及び内部の課題が決定されている組織の何と多いことでしょう。

これを審査員が見逃し、審査機関でも見逃す結果、組織の目的の達成にISO14001が役に立たないと言う誤解を生じます。

組織は、自らが存続する目的を明らかにしましょう。それは、社員の為にも、顧客の為にも有効なメッセージになる筈です。

審査員は、組織の目的が不明な場合、組織と議論すること、改善の機会として取り上げ、議論を次の審査員へ引き続がなければなりません。

審査機関は、審査員の報告書から組織の目的が明確か確認し、不明確であれば、次の審査で確認する指示を出す必要があります。


 課題2)環境マネジメントシステムの適用範囲の決定

 未だ、組織のサイト内の環境側面の管理だけで良しとする組織が多数あります。環境マネジメントシステムは、組織が管理し影響を及ぼせる範囲の環境側面を管理するものですが、これを文書化し利害関係者が入手できるようにする要求事項が追加されました。

 組織は、自らが管理できる活動、製品、サービスの範囲を文書化するだけでなく、影響を及ぼせる範囲として、燃料運搬委託、材料運搬委託、製品運搬委託、協力会社、廃棄物処理委託先などを文書化することが必要です。文書化しない場合、何故文書化しないのか、第三者の審査員に説明しなければなりません。

 審査員は、文書化したEMSの適用範囲に協力会社や廃物処理委託先を考慮したのか確認する必要があります。協力会社や廃棄物処理委託先が適用範囲に文書化されていない場合、考慮した結果なのか否か、確認しなければなりません。

審査機関は、審査員の報告書からEMSの適用範囲が適切か否か確認し、影響を及ぼせる範囲の確認が不十分であれば、次の審査で確認する指示が必要です。


課題3)環境側面の決定

 環境側面は、環境マネジメントシステムの適用範囲の中で、ライフサイクルの視点を考慮して決めます。しかしながら、適用範囲に含むべき協力会社の活動や廃棄物処理委託に関する環境側面が決定されていない場合があります。

組織は、適用範囲の理解を改めて、影響を及ぼす範囲の活動に関する環境側面を決定しなければなりません。

審査員は、適用範囲に協力会社や廃棄物処理委託先が含まれることを確認した上で、環境側面の決定に不足があれば指摘事項として組織に伝える必要があります。

審査機関は、審査員の報告書、組織から入手した環境側面の決定した資料を確認し、審査員が報告書で触れていなければ、次の審査で検証する指示を出さなければなりません。


この他にも、組織の規格要求事項の理解不足や審査員の検証不足や説明不足、それに審査機関の審査報告書の検証や次の審査への指示不足により、規格要求事項を満たしていない場合があります。しかしながら、環境ISOとは関係ない方には面白くない内容ですから、次の機会に紹介することにしましょう。


晴れ渡る 空を睨んで 猫昼寝

d0052263_09412864.jpg


[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-30 09:00 | ISOマネジメント | Comments(0)

金木犀の香り

 いつもより数日遅れて、金木犀の香りが届きました。発生源は、庭の片隅でブロック塀の手前です。


いつもより上品な香りですから、相方に教えてあげました。

「今年は上品な香りだよ」

「あら、本当。雨なのに大変ね」


 確かに、人なら雨読晴耕ですから、敢えて雨の日に花を咲かせようとはしませんが、自然の摂理はそうではないようです。花開く条件さえ揃えば、雨など気にしない。


一緒に散歩に出た虎猫は、そうではありません。金木犀の香りを楽しみながら道草など喰っていましたが、相方の言葉には素直に従います。

「寒いから家に入ろう」

 尻尾を天に向け先頭で家に入る姿は、既に山賊の親分でした。


金木犀 一枝咲いて 吾を呼び

d0052263_16362537.jpg



[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-29 16:30 | 随筆 | Comments(0)

冷房から暖房の季節へ

 蒸し暑い日から一転して肌寒い日になりました。エアコンのボタンは暖房を押し、裸足には靴下を履きます。それだけでは背中が寒く、とうとうセーターを出しました。


 これがマンションなら窓の開閉だけで多少の気温変化にも対応出来るでしょうが、建付けの悪い日本家屋では中で暮らす人の衣類まで冬仕度しなければなりません。


 暖房を点けても、身体の芯まで暖まることはありませんから、ゆっくり湯船に浸かります。思わず鼻歌が出そうになりましたが、寝たばかりの赤子を起こしてはいけません。


 それにしても、急激な気温変化に体長管理が難しい季節になります。これを乗り切るには、サツマイモを食べ、柿を楽しみ、眠くなったら横になり、暖房は省エネの炬燵に入りましょう。


店先に 季節が並ぶ 今はカキ



[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-28 09:30 | 随筆 | Comments(0)

ゴッドハンドと呼ばれ

 生まれて二ケ月を過ぎたばかりの幼い子は、腹が減れば泣き、眠りたくなっても泣きます。その世話は母親の役目ですが、時として爺も代役を務めなくてはなりません。


 言葉の話せない幼い子の気持を知らないことには、泣くことを止めさせることは勿論、眠らせることなど出来ませんから、左の手の平に頭を載せて、背骨を腕の上に置き、尻を右手で支えます。


それは空中遊泳に近い状態ですから、大層気持の良いことでしょう。遊泳する幼い子は、愛想笑いまで見せてくれます。けれど、それを真に受けてはいけません。ゆっくり静かに左右に揺すり、脳内の眠りを誘ってあげるのです。


「眠りなさい」

 小さな声を掛ければ、間もなく瞼が閉じて、幼い子の両腕は左右に垂れ下がったまま、少しぐらい動かしても目覚めることはありません。

「ゴッドハンドだわ」

 そう呟いたのは幼い子の母親であり、ゴッドハンドの娘です。


 神の手も 少し疲れて もみほぐし

d0052263_10045392.jpg




[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-27 09:00 | 随筆 | Comments(0)

せこい

「しみったれた奴だな」

 「誰のこと」

「あんたさ」

「どうして」

「誘っておきながら割り勘なんて」

 「そうですか」

 「おや自覚してないね」

 「随分と飲んだよ」

 「そうだったかな」

 「自分の倍は飲んだよ」

 「なのに割り勘とは」

 「太っ腹なの」

 「おみそれしました」


 せこい人 自分の財布を 見せません

d0052263_08282396.jpg
 


[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-26 17:00 | 小説 | Comments(0)

予想外の審査評価

 審査員は、組織の為に厳しい審査をする習性があります。中には手を抜いて、当り障りのない審査で終える審査員も居ますが、組織からの評価は審査員の思惑通りにはなりません。


先日の審査は、過去の審査員が見逃した点まで厳しく追及したものでした。従い、事務局の方は簡単には納得してくれません。それでも、誤解を正さないことには、環境ISOの意図する成果を達成することは叶わず、繰り返し説明した上で軌道修正を提案します。


 環境ISOの意図する成果は、事業目的を達成する視点から、環境目標の達成、環境パフォーマンスの向上(環境負荷の低減)、順守義務を満たす(コンプライアンス体制の強化)ことですから、それをシステムの推進役である事務局に理解して貰わなければなりません。


 とは言え、事務局の審査を厳しくすれば、事務局が審査員を評価する立場にありますから、後日届く審査員評価は厳しくなるものです。それは覚悟の上とは言っても、やはり懸命に説明した結果が反映されない評価は虚しい。


 ところが、予想外に大人の評価を頂くこともあります。

「説明等も的確で随分勉強になるところも多く、中身の濃い審査でした」

 かようなコメントが付けば、間違いなく世辞ではありません。


 寝愚図だよ 泣き方変える 孫の知恵

d0052263_08293466.jpg


[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-25 13:30 | ISOマネジメント | Comments(0)

海洋プラスチック汚染

 周知の通り、産業革命以降、人は大気に二酸化炭素を放出する一方、海にプラスチックを流し続けた結果、気候の温暖化と海洋プラスチック汚染を引き起こしています。


 いずれも、人が地下に眠る化石資源を地上で燃やした結果であり、人が容器包装材料に加工して使用したプラスチックをリサイクルしないで海に流した結果ですから、人は責任を取らなければなりません。


 我が家でも、廃棄する容器包装プラスチックを大量に排出しています。しかしながら、その内訳は飲料水を入れていたペットボトル、食材を載せていたトレー、食材を包んでいたラップ、それに買った品物に入れて貰うレジ袋ですから、自治体が回収してリサイクルに回り、海洋に流れ出すものはありません。


我が家の廃プラスチック容器包装はリサイクルに回るものの、それには処理する負荷が掛かりますから、直ぐに捨てるプラスチックの利用は避ける必要があります。


海洋汚染に繋がる容器包装用プラスチックの河川投棄は、法規制と自主的ルールとで予防しなければなりません。そもそも、利用した後の回収や処理で対策するより、プラスチック製の容器や包材を使用しない、源での汚染の予防が必要です。


広くても 捨てては困る 海と空

d0052263_21561922.jpg

 


[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-24 21:52 | 随筆 | Comments(0)

サイト責任者の勘違い

 環境ISO審査の席で、サイト責任者の方が胸を張って言います。

「品質は、自分達の仕事のことですから、分かり易い。環境は、法規制を守れば、それで良い。ただ、それが分かり辛い」

「はあ、そうですか」


 言い切る相手には、違いますとも言えません。同じ気持でしょうか、責任者の勘違いを承知の様子で、隣に座っている部下の方も苦笑いしています。勘違いを正そうかと思いましたが、その後、責任者の方は席を離れてしまいました。


 部下の方は、環境ISOの本来の狙いを知らない責任者に触れないようにしているようです。再会しても敢えて触れないことにしましたが、それを見抜いたように、再び現れた責任者の方は言いました。

「今となっては、ISOなど不要ですな」


 環境ISOの審査員を前にして、それを言っては御仕舞いですが、審査は本番を終えていましたから、笑顔で答えます。

「お陰様で、環境ISO審査の初日、無事に終えることが出来ました」

 その時、責任者の方の口元が少しばかり歪みました。


 上見てる 部下の気持を 知らぬ上



[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-23 10:00 | ISOマネジメント | Comments(0)

黄色い郵便ポスト

 白いポストに投函するのは、青少年に読ませては有害な図書です。黄色い郵便ポストに投函するのは、そんな悪書ではなく、心温まる郵便物に他なりません。


 では、真っ赤な郵便ポストが多数派の中で黄色い郵便ポストは突然変異でしょか。それとも、赤では美観を損なう場所であることから、環境を配慮したものでしょうか。


 これまで、青い郵便ポストを見掛けても不思議に思ったことはありません。それが、黄色い郵便ポストを見掛けただけで心温まるのは、一人旅の所為でしょう。


 誰の郵便物でも平等に受け入れる黄色い郵便ポストは、同じ機能であっても赤い郵便ポストより優しさを感じます。それは、橿原神宮前駅の中央改札口を出て、人の姿の少ない公園にひっそりと置いてありました。


色により 思い伝える ポストあり

d0052263_08300196.jpg


[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-22 18:00 | 随筆 | Comments(0)

 三連休の最終日、背広姿で新幹線に乗り込む姿は殆ど見当たりません。東京駅から名古屋駅に向かう新幹線の指定席に空きがなく、仕方なくグリーン車を利用した時のことです。


隣に座った方も背広姿でしたが、荷物を棚に載せ終え、靴を脱ぎ、畳まれたままのフットレストに足を載せました。自分は、同じ場所に革靴を載せていましたから、そっと下ろして床に位置を変えます。


隣の方は、グリーン車に慣れている雰囲気の方でしたから、もしかしたら自分の使い方が間違っていたかも知れないと弱気になり周囲を見ましたが、畳まれたフットレストの上には土足があります。


靴を脱ぎ、フットレストを開いて、その上に靴下の足を載せてみようかとも思いましたが、隣の方に刺激を与えていけませんから、自分の革靴は床に置いたままに。


台風で 延びた話を 聞かせます

d0052263_06275849.jpg




[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-09-21 06:25 | 随筆 | Comments(0)