人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2019年 07月 26日 ( 1 )

「つらい」と「からい」

 辛い(つらい)は、他人に対して冷酷である、心身ともに我慢できないくらい苦しい、対処が困難である、つれない、等の意味があります。

 一方の辛い(からい)は、味覚のからいの意味と直ぐ分かり、使い方に迷うことはありません。例えば、審査メンバーの立場は辛いと書けば、誰もメンバーがからい味とは思わないでしょう。

 従い、腰痛を我慢する辛さは当人でしか分からない、また過去の腰痛の辛さは当人でも想い出せない、顧客の要望は余りにも身勝手で対処するには辛いものがある、急変したあなたの辛い態度が悲しくて、かように辛いを使えば、からいと間違えることはありません。

 ただ、この食事は辛いのように書くと、食事が食べ難いものであれば「つらい」と読み、食事の味付けに唐辛子が効き過ぎていれば「からい」と読み、どちらにも取れますから、何がどのように辛いのか説明文を追加する必要がありそうです。


同じ字で 読みが違えば 別の意味

d0052263_11053026.jpg



by tabigarasu-iso | 2019-07-26 09:58 | 随筆 | Comments(0)