人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2019年 07月 11日 ( 1 )

環境ISOを難しくした理由

 早くも、ISO14001:2015規格が改訂されて4年が経ちます。未だ、正しく解釈されていない要求事項として、追加された内外の課題の決定の意味、リスク及び機会の決定とその取り扱い方ではないでしょうか。

その理由は、何処にあるのでしょう。内外の課題からリスク及び機会を決定するのは良いとしても、そのリスク及び機会が顕在化した場合の環境影響を想定し、その原因となるリスク及び機会のシナリオを著しい環境側面とする流れにしていないことです。

もしも、リスク及び機会のシナリオを著しい環境側面とする流れなら、環境目標を作成する際に必ず考慮に入れることになり、決定したリスク及び機会が何処にも展開されない奇妙な状況は回避することができるでしょう。

かように、環境ISOを難しくした理由は明らかですから、4年に一度の規格見直し時には改善を期待したいものです。それまで、解釈の違う点を飽きずに議論する努力が審査員に必要なことは言うまでもありません。


桑名にて 食べるハマグリ 頬落ちる

d0052263_20262799.jpg



by tabigarasu-iso | 2019-07-11 20:25 | ISOマネジメント | Comments(0)