人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2019年 07月 03日 ( 1 )

環境ISO審査と育爺

 環境ISO審査は、経済、社会、それに環境の三本柱が求められ世の中において、環境にスポットを当て、二酸化炭素の削減や持続可能な開発目標の進捗状況、順守体制の妥当性などを第三者の立場で検証するものです。

しかしながら、環境ISO審査の機会は月に数回、それに審査準備、審査当日、審査報告の4日間を掛けても、半月は要りません。従い、環境ISO審査員の中には余暇を活用して育児支援に精出す人も居るようです。

とは言え、子育てなど半世紀以上も前のこと。当時を想い出しながら子を抱き上げ、意に沿うように散歩などすれば、生物多様性が腰の疲れで分かり、子供たちの為に持続可能な開発の必要性が痛く分かったとのことでした。

ただ、育児支援の機会が身近になければ育爺にはなれません。そこで、積極的に保育施設に働き掛けてみては如何でしょうか。保育士になるのではなく、環境ISO審査の合間を縫って、保育士の支援を行うのであれば邪魔にはならない筈です。その経験は、生物多様性を検証する環境ISO審査のレベルアップにも繋がることでしょう。


胴回り 筋肉質は 育爺か


by tabigarasu-iso | 2019-07-03 17:11 | 随筆 | Comments(0)