ブログトップ

白髪の旅ガラス

2018年 08月 28日 ( 1 )

 このところ、門扉の周辺に数ミリの黒い粒が目立つようになりました。毎日増え続けていますから、誰かが落としている物に違いありません。


 黒い粒の真上には桃木の葉が生い茂り、大きな実をつけています。どうやら、黒い粒を落としているのは、桃の葉を餌にしている幼虫に違いありません。


 散歩の先を急ぐ虎猫に正座させたまま、桃の葉の先を一本づつ良く探してみました。すると、葉と同じ色をした幼虫が、葉の真似をして枝先に静止しているではありませんか。


 アゲハ蝶の幼虫でしたから、このまま糞を落とし続け、蛹になって冬を越せば、春には綺麗な舞いを見せてくれることでしょう。そう思い、桃の葉は沢山ありますから、このまま見逃すことにしました。


ところが、アゲハ蝶の幼虫のすぐ下には、草色のカマキリが大きな鎌を振り上げています。狙いは真上の太った幼虫のようですが、果たして、その後はどうなりましたか。


夕立に 歩道は川と なりにけり 


[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-08-28 13:28 | 随筆 | Comments(0)