人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2018年 08月 17日 ( 1 )

秋風に吹かれ

 40℃近い気温から30℃を下回る気温になったのは良いのですが、終わりを知らない強風に、細い百日紅の枝が悲鳴を上げています。


 長いこと熱波に耐えていた細胞も夏休み、主が昼寝をすれば細胞の中に溜まった汚れを掃き掃除していることでしょう。


 浅い眠りの中に見え隠れする手を抜いて冷たい麦酒に舌鼓の細胞もありますが、これも主の真似てのことだから仕方ありません。


 秋風に揺り起こされた主が寝返りを打つと、細胞は夏休みを終えて元の持ち場に帰って行きました。


 野良仕事 昼飯食って 一眠り



by tabigarasu-iso | 2018-08-17 15:00 | 随筆 | Comments(0)