人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2018年 05月 15日 ( 1 )

地下鉄ホームで一休み

 たまに家の外へ仕事で出掛けると、約束の時間に遅れないよう気を遣う。それが遣い過ぎると早く目的地に着き、近くの喫茶店で時間を潰すことになる。


それ程時間がない時には目的地の駅から出ず、ホームのベンチに腰掛け、往来の人を眺めるのも良い。夏日には、地下鉄のホームが冷房も効いて、時間帯によっては往来の人も少なく、地下の巣を独占した蟻の気分に浸ることも出来る。


 ベンチに座り、心に浮かぶ思いを文字に置き替える作業に没頭すれば、時間は幾らあっても足りない。仕方なく、文字置き作業を途中で打ち切り、慌てて改札を出て地上に上れば額に汗が滲む。


守衛の方に挨拶する間に滴る汗をハンカチで拭いながら、地下鉄ホームを懐かしく思う。その途端、疲れも汗と一緒に滴り落ちて、その後の仕事は疲れ知らずであった。


汗拭い ついでに疲れ 拭い去り

d0052263_12093561.jpg


by tabigarasu-iso | 2018-05-15 18:30 | 随筆 | Comments(0)