人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2018年 02月 02日 ( 1 )

定年80歳の時代

 人生100歳が夢ではない長寿命の時代を迎え、定年80歳も視野に入れた人材の確保を検討する組織があります。


 自分の所属する審査機関では、環境ISO審査員の定年は70歳ですが、定年を過ぎても体力、能力に問題のない方は審査員を継続することが可能です。


70歳を越す審査員の割合は40%にもなり、今後は更に増えることが予測されます。従い、かような組織では定年80歳も想定されないことではありません。


とは言え、審査業務は一期一会の真剣勝負の場であり、審査スケジュールの厳しさに耐えられる体力、審査を受ける組織に役立つ課題の発見力など、両者に自信が持てなければ定年を待たず、勇退する潔さが必要です。


雪の上 揚げ足何処へ 迷い猫

d0052263_13595161.jpg


by tabigarasu-iso | 2018-02-02 12:05 | 随筆 | Comments(0)