人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2016年 04月 08日 ( 1 )

 中米パナマ拠点の法律事務所から流出した「パナマ文書」と呼ばれるものにより、各国首脳のタックスヘイブン(租税回避地)の利用実態が明らかになりました。

 これまで国民の義務として真面目に納税して来た一人としては、納税を回避する首脳の存在に呆れてしまいます。万が一、我が国の首脳がその中に含まれていたならどうしましょう。

 どの国でも税収が不足し、その不足分を国民に増税で負担させようとしていますから、その国の首脳が税逃れなどしていたら、即刻退陣要求するのは当然のことです。

 タックスヘイブン利用を理に叶ったものとする多国籍企業や富裕層の方は、納税を求める側に立ってはいけません。また、その企業が経営理念に社会的責任を謳うなら、即刻取り下げるべきです。

           梅の実の ようやく見える 愛らしさ
by tabigarasu-iso | 2016-04-08 10:00 | 随筆 | Comments(0)