人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2014年 09月 14日 ( 1 )

邪魔する猫

 人が食卓に新聞を広げ、のんびり読もうと眼鏡を外せば、わざわざ新聞の上に乗り身体を盛んに舐める猫。
「良く乗るね」
「ニャー」
 そう応えたものの、我が家のチビトラは動こうとしない。

 新聞を諦め、麦酒を飲むことにした。良く冷えた瓶麦酒の栓を開け、一口飲んだ後でチビトラに勧めた。
「どうだ、一杯やりな」
 瓶の口まで顔を近付けたものの、好みではないらしい。

 チビトラは、漸く新聞の上から立ち退きカーテンガラス窓の間に陣を構え、じっと外を見守る。このところ、縄張りを荒らす続ける世間知らずの後輩が気になるようだ。
「お前も忙しいな」
 内に外に気を揉むチビトラに向かい、同情の声を掛ける。

 人の言葉を理解したのか、振り向いて呟いた。
「ニャーニャーン」
 そうなんです、と聞こえたが猫の言葉は分からない。

 イノシシも 腰を捻って 牙伏せる
d0052263_16142128.jpg

by tabigarasu-iso | 2014-09-14 00:00 | 小説 | Comments(0)