人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2014年 08月 11日 ( 1 )

偶然の一致

 千円札一枚だけ握って買い物に出掛けた女は、帰宅するなり男に言った。
「驚かないで」
 そう言われても、男には驚く理由が何も思い付かない。

 無視すれば良いのだが、それで事は収まらないから敢えて訊いてみる。
「何があったの」
「驚かないで」
 そう繰り返して女が見せたのは、買い物の詳細が打ち込まれたレシートであった。

 消費税を含み、丁度千円である。
「お金が足りないと思ったから、ナスとモヤシは戻したの。私の勘、凄いでしょう」
「そう言うことか」
「そう言うことよ」

 これが勘ではなく、一円単位で計算したものなら神業に近い。
「流石、カミさんだね」
「その通りよ」

 税含み 千円丁度の 本体は
d0052263_1149842.jpg

by tabigarasu-iso | 2014-08-11 08:11 | 小説 | Comments(0)