人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2013年 10月 13日 ( 1 )

海を見詰め

 新橋から無人運転のモノレールゆりかもめに乗ると間近に海が見える。風が強く吹いている所為か、午後の海は一面黒く波の頭だけが白く見えた。

 山国育ちには、海は広く深く動きが乱暴だから、見たいが傍に近寄ると恐く、遠くから見詰める程度が丁度良い。ゆりかもめに乗り込むと居眠りを止め、海の変化を飽きずに眺めた。

 視界の中に自分と同じ様な人が映る。じっと海を見詰めて何を思うのか。大きな地震が起これば津波を起こし、沿岸に大きな被害を与える。海水の温度を上げて大気中に多量の蒸気を与え、かつて経験したことのない豪雨も引き起こす。

 海を見詰めていても、海で泳ぎ、浜辺を走り、磯で遊ぶ、そんな楽しい光景は浮かんで来ない。海に罪はないけれど、多くの人命を無慈悲に飲み込んだ2011年3月11日の出来事が想い出される。

 コスモスの 細い首には 花重く
d0052263_10511581.jpg

by tabigarasu-iso | 2013-10-13 00:00 | 随筆 | Comments(0)