人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2013年 10月 04日 ( 1 )

指名

 ♪どの子が欲しい♪
 ♪あの子が欲しい♪
 ♪あの子じゃわからん♪
 かような童歌ではありませんが、次の審査も貴方に来て欲しいと言われたなら、余りの嬉しさに血圧が上がり倒れるかも知れません。

 時と場所それに社名は伏せますが、環境ISOを導入して十年が経つ企業の維持審査で事務局の方に言われました。
「貴方のような審査員は初めてです」
「それは誉め言葉でしょうか」
「ええ、勿論です」
「では、どんな点が初めてなのか、聞かせて貰えますか」
「話が分かりやすい点です」

 余りにも当り前のことですから、嬉しくありません。
「それだけですか?役に立つ点はないの!」
 少し拗ねて見せました。
「いいえ、分かり易いだけでなく、初めて指摘されたことがあります」
「私が初めて指摘したのですか」
「ええ」

 環境ISOを導入して十年が経つ企業では、少なくとも十回の審査を受けている筈です。なのに、一度も指摘されたことがないのはどうしたことでしょう。
「口頭で言われたこともないのですか」
「ええ」
 返事を確認してから、審査員は頭を深く下げて言いました。
「申し訳御座いません。これまで指摘しなかったこと、お許し下さい」

 何で審査員が謝るのか、概略を申し上げれば、環境ISOを導入した当時に指摘しなければならないことが十年も見逃されていたのです。そのお詫びも兼ねて、業務に役立つ環境ISOの議論を十分に行いました。

 帰路、駅まで送って頂く車中で来年の審査員として指名を頂戴したものの、審査員の選定は審査機関ですから、了解したとは言えず寂しい思いをしたものです。

 米沢で 牛弁頼む 旅の通
d0052263_13322928.jpg

by tabigarasu-iso | 2013-10-04 00:00 | ISOマネジメント | Comments(0)