人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2013年 09月 29日 ( 1 )

秋の運動会

 秋晴れに喜び走り回る子供達の歓声が届いたのでしょうか、次第に輝きを増した太陽は周囲の温度を上げて行きました。招待された席に天幕はなく、直射日光に射られて平然としているのは自分だけです。

 それまで着込んでいた薄地の上着を脱ぎ、長袖のカラーシャツの袖を肘まで捲り上げ、帽子を深く被り直しました。日陰に移れば良いのですが、それでは準備してくれた関係者の好意が無駄になります。

 それに自分は爺様ですが、天幕のある席に座った先輩と比較すれば未だ若い。持参した昼飯だけは太陽に当てないよう気を配り、子供達が踊り、走り、演技する姿に感心するばかり。

 特に、就学前の園児には良く指導されたものです。整然と並んで歩くだけでも驚きですが、その上に忍者の真似事も演技してくれました。
「有望な園児の揃った日本の将来は明るい」
 と、鼻の頭が日に焼けることなど忘れて呟いたものです。

 ブランコに 天まで飛べと 足を振り
d0052263_10572865.jpg

by tabigarasu-iso | 2013-09-29 00:00 | 随筆 | Comments(0)