人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2011年 09月 21日 ( 1 )

背広に汗吸わせ

 朝夕、涼しい季節になりました。冷房の効いた電車では、肌寒く感じることもあります。そろそろ背広の出番ですが、着込んで出掛ける時に限り、気温が上がるのは不思議で仕方ありません。

 流れ落ちる汗は、首、背中、腋の下、尻を次々に濡らし、堪らず脱いで左腕に掛けた背広にまで滲み込みます。こんなことなら、背広など着込まなければ良かったと反省しながらも、帰宅するまで汗を吸わせるしかありません。

 それだけでは面白くありませんから、背広の内ポケットには名刺入れ、財布を押し込み、両脇のポケットにも靴ベラ、小銭入れ、ポケットティシュを入れ、物入れの役割を果たして貰います。

 これで、遊んでいる物は何もありませんから、不満はありませ。帰路の車中、電車の網棚に安心して背広を載せることが出来ます。ただ、降りる時には、汗を充分に吸い込み、物入れの仕事も立派にやり遂げ、ヨレヨレになった背広を網棚から下ろして感謝を忘れません。

名古屋雨 避難勧告 百六万
d0052263_6481361.jpg

by tabigarasu-iso | 2011-09-21 06:48 | 随筆 | Comments(0)