人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2011年 06月 22日 ( 1 )

暗示の恐怖

 人とは不思議な動物です。自分の身体では出来ないことでも、道具を器用に使い月面着陸まで実現してしまう。また、文字や画像を巧みに使い、声の届かない相手にも意志を伝達することが出来ます。

 そればかりか、情報の流し方により、相手が意識しないところで、相手の行動をコントロールする遠隔操作も可能ですから、ゆめゆめ踊らされてはいけません。テレビで繰り返し放映されるコマーシャルは、その典型的な例でしょう。

 それから逃れるには、目的を持ってテレビ番組に臨み、それ以外は電源を切ることです。では、コマーシャルが無ければ良いかと言えば、そうでもありません。漫画やドラマなどで執拗に繰り返される場面にも、同じ暗示の効果がありますから、その狙いを見極める必要があります。

 新しい玩具を買わせるのが狙いであれば、古い玩具を大切にする話題を忘れず挟み、冷たい麦酒を飲ませるのが狙いなら、喉の渇きを潤す天然水を敢えて飲んでみましょう。それでも身体が麦酒を求めるなら、その暗示に従うのも悪くありません。

 ただ、恐いのは戦争に駆り立てる暗示の類です。我が民族、我が国などと連呼する放送には、本当は誰の為の放送内容か、疑うことが必要でありましょう。

報道の 統一された 時代見て
d0052263_12241450.jpg

by tabigarasu-iso | 2011-06-22 06:52 | 随筆 | Comments(0)