人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2010年 05月 31日 ( 1 )

川柳モドキ

 俳句には季語があり、川柳にはユーモアがある。それに比べ、川柳モドキには季語もなくユーモアもないけれど、詠む人の心を十七文字で自由に表現する楽しさがある。それを、次の川柳モドキで紹介したい。

【犬だって オムツを嫌う 権利あり】

 高齢犬になり足腰耳目歯が衰えても、水を飲み高齢犬用のドッグフードを口にすれば、外に出て縄張りを確かめ、ついでに排尿や排便をしたいもの。その気持は非常に強いが、介助なしに自立歩行が困難になり、単独では用が足せない。

 万が一に備え、いつでも排泄可能なオムツが用意された。もともと、自前の毛皮しか身に着けたことがないから、何とかしてオムツを外そうと脚をバタつかせてみたが、横になった身の前脚は前方を掻くばかり。

 それに、オムツなど当てなくても、家の者が帰るまで排泄など我慢するのは容易なことである。ところが、運悪く体調不良の時があり、いつもなら我慢できる筈のものが、恥ずかしながら固さ不十分で漏れてしまった。

 子犬の頃なら度々あったが、久し振りの粗相に面目ない限りである。それからオムツを心配してくれたのだが、今は体調も戻りオムツなど不要になったから、もう当てないで欲しい。そんな犬の気持、先の川柳モドキは詠ったものである。

d0052263_7413544.jpg

【コンサル川柳コーナー】

№33 解の無い 課題集めて 悩む趣味

by tabigarasu-iso | 2010-05-31 07:43 | 小説 | Comments(0)