人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2010年 05月 26日 ( 1 )

約束忘れ

 約束の時間より15分前には先方に着き、汗を拭いたり、髪を梳かしたり、また服装の乱れを直したり、それが営業訪問の基本です。まして、成約直前の大切な打合せに訪問先から連絡を受けて、初めて忘れていたことに気付く失態など、決して演じてはなりません。

 しかしながら、勘違いや思い違いは誰にもありますから、失態を見せた後の態度が大切です。
「すいません。遅くなりました」
 これでは、待たせた相手への謝罪にはなりません。嘘を言えとは言いませんが、成る程と思わせる事情説明が必要です。

「すいません。社内でトラブルが発生しまして、その処置に追われて居りました。時間を無駄にしたお詫び、何とか弊社のサービスで補わせて頂きます。どうぞ、お許しください」
 かように心から詫びれば、誰にもあることですから、次回から事前確認を励行する約束で何とか許して貰えそうです。

 そんな言い訳の通用しない場合を紹介すれば。
「〇〇さん、いらっしゃいますか」
「はい、お待ちください」
 約束の時間に来ていれば、居ない筈の方が電話口で。
「お待たせしました。どんな御用件で」
 約束を完全に忘れている様子です。また、社内も静かでトラブルもなさそうですから、その後の対応はどうしたものでしょう。

d0052263_0123248.jpg


【コンサル川柳コーナー】

№12 備忘録 何処にあるのと 妻に聞き

№13 片付けに 期待するのは 脳の中

by tabigarasu-iso | 2010-05-26 00:13 | コンサルサービス | Comments(0)