人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2010年 05月 10日 ( 1 )

左回り

 品質ISOのPDCAサイクルは、規格では左回りの図になっています。一方、環境ISOのPDCAサイクルは、規格では右回りの図ですから、同じ組織で品質と環境のISOを導入する場合には、どちらのサイクル図を選ぶのか迷われることでしょう。国際標準を審議するのがISOの役目ですから、品質と環境のPDCAサイクル図は統一して貰いたいものです。

 ところで、我家の愛犬は、寝る前の儀式として左に何度か回り、たぶん草を倒し終えたところで横になりますから、これまで19年もの間、品質ISOのPDCAサイクルを欠かさず実行しておりました。また、その主人は愛犬に癒されながら環境ISOのコンサルを13年間も営んでおりますから、品質と環境のPDCAサイクルは、同じ屋根の下で仲良く共存していると言えましょう。

 それが、或る日から昼夜問わず左回りを繰り返すようになりました。左回りばかりでは、単独で水を飲みに行き、ドッグフードを食べに行くのも難しい。また、近場を散歩したくても先に進まず散歩になりません。人が誘導してあげられる時は良いのですが、昼の間、単独で留守番して貰う際には、朝の内に排泄、食事、それに給水を済ませて置くことが必要になりました。

 これまで、水だけは自由に飲んでいましたから、それまで朝に強要しなくてはなりません。これは、愛犬に良く話して理解して貰う必要があります。幸いにして、話せば判る相手ですが、何故、左回りを始めたのか理由を知らなければ、手の打ち様がありません。心臓が左にある為とか、地球の自転の影響だとか、脳腫瘍の為だとか諸説ありますが、何れも高齢犬にはどうしようもないことばかりです。

d0052263_844573.jpg


地震あり ニュースで消えた 落ちもあり
by tabigarasu-iso | 2010-05-10 08:45 | ISOマネジメント | Comments(0)