人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2010年 05月 08日 ( 1 )

睡魔に襲われ

 何としても瞼が重たく、無理して眼を開いても脳が眠り、やがて心臓の動きが静かになります。両手は懸命に仕事をしようと机の上で待ち構えているものの、眼からの情報が途絶え脳も何の指令も発しませんから、軽く空気を掴んだ状態のまま動きようがありません。

 そんな時には無理をしないで寝床に入り、身体を冷やさないよう短時間でも良いから眠ります。瞬く間に深い眠りに入りますから、心身ともに休むことができるでしょう。余裕があれば自然に眼が覚めるまで眠るのが一番ですが、一時間も経てば睡魔も何処かに消え失せ、すっきりした頭で仕事に集中できます。

 連休が明けて、いつもの仕事に戻った際に睡魔は襲う。自宅であれば寝床に入れますが、仕事先では勝手に眠る訳には行きませんから、黙って席を立ち洗面所で顔を洗い、熱いコーヒーを買いに行く。そんな事をする間に、睡魔も呆れて何処かに立ち去って行きます。

 身体とは良く出来たもので、休みと知れば筋肉も脳も緊張が解れ、昼間から頻繁に睡魔を迎えるものですが、仕事となればそれが終わるまで睡魔を寄せ付けない。そうは言っても、仕事中に良く眠る人も沢山居ますから、そんな人ばかり集まった組織は、いつまでも連休が明けず倒産することになるでしょう。
d0052263_23584870.jpg

連休の 谷間に襲う 睡魔かな
by tabigarasu-iso | 2010-05-08 00:00 | 随筆 | Comments(0)