人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2010年 04月 24日 ( 1 )

洒落にならない

 猿が木から滑り落ち、警察官が酒酔い運転で捕まり、医者が不養生で身体を壊し、コンサルが支援先で指導方法を教えて貰い、環境審査員が審査先で法規制の改正情報を正されたら、何れも洒落にならない。

 ところが、洒落にならない事態が次々に起こる。政治資金規正法に絡み、秘書が有罪判決を受けた政治家が責任を取らず、国民の開いた口が塞がらない中で法律を次々に作り、それを国民に守らせようとするのは如何なものか。

 また、新党を立ち上げるのは自由だが、既存のクラブに入り込み、それから党名を変えるのは潔いとは思えない。他人が借りたアパートに入り込み、先住者を追い出して表札を変えるのと同じ様に思える。新党で政治を良くする志があるなら、最初から正々堂々と名乗りを上げて貰いたいもの。とりわけ、総理にしたい政治家として、国民から評価の高い方だけに残念な手法を選んだものである。

 洒落にならないのは、他人ばかりじゃない。
「乗り越さないように」
 遅くまで酒を楽しみ駅で別れたものの、上野で降りる筈の自分は、山手線を半分周り新大久保のアナウンスで眼が覚めた。辛うじて、最終電車には乗れたが洒落にならない。
d0052263_11194588.jpg


他人のこと 批判すること 楽なこと
by tabigarasu-iso | 2010-04-24 11:20 | コンサルサービス | Comments(0)