人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2010年 04月 06日 ( 1 )

聞いて貰える工夫

 コンサルやセミナー講師で話しながら、ふと考えることがあります。果たして、目の前の人は真剣に話を聞いて下さっているのだろうか。或いは、話の内容が良く判らないと正直に言えず、判った振りをしているのではなかろうか。そんな予感がすれば、相手に聞いて貰える工夫をしなければいけません。

 それには、相手の脳に心地良い刺激を与える話が必要です。とは言え、大きな声を出して無理やり聞かせてはいけません。相手が自然に耳を傾けたくなるような話であれば、小さな声で話しても、聞き漏らさないよう身を乗り出してくれることでしょう。例えば、儲かる話、業務改善に結び付く話、失敗を繰り返さない話、売れ筋商品の話、審査で想定される質問の話など。

 それでも心が動く気配のない人は居ます。そんな人には、どんな目的でセミナーや打ち合わせに参加されているのか、相手の顔を見ながら名前を呼んで尋ねてみましょう。
「〇〇さん、参加の動機は」
 それがどんな答えであれ、否定することなく時間内に回答してあげるのです。

 相手の悩みや課題を聞き出すことができれば、全体の進行を妨げないように話を進めながら、その中で聞き出した内容への回答を必ず織り込み、相手の反応を確かめてみましょう。こうして、話が一般的なものから、受講者の身近な内容に言及すると判れば、最後まで眠らず、質問を交えて積極的に聞いてくれる筈です。

d0052263_012916.jpg


改札の 夢から醒ます 無神経
by tabigarasu-iso | 2010-04-06 00:04 | ISOマネジメント | Comments(0)