人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

2009年 04月 24日 ( 1 )

酸素の力

 太腿の患部に巻いた包帯は、足を動かす度に下へ移動する。やがて患部が露出し、見るからに痛そうだ。実際、痛みを感じているのであろう。盛んに足を動かし、切ない声を出し始めた。

 急いで病院へ向かう途中の車内でも落ち着かない。診察を待つ間、仲間の犬の鳴き声に刺激されたのか、興奮して口から泡を吹く。

 事情を話し診察室に駆け込めば、手馴れたもので酸素マスクが用意された。直ぐに落ち着き、診察台に横たわったまま居眠りを始める。

 治療は可能になったものの、今度は密閉した箱に入れて酸素を吸わせるようだ。相変わらず、本人は居眠りしたまま一時間が過ぎる。

 箱から出された愛犬は、何事も無かったような顔して大人しく治療を受けた。酸素の力は、素晴らしいものである。出来るなら、寝不足のこちらにも酸素を吸わせて貰いたいものだ。
d0052263_0193711.jpg

金魚草 一足先に 空泳ぐ
by tabigarasu-iso | 2009-04-24 16:39 | Comments(0)