人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

テレビ会議

 電子メール全盛期の時代であっても、会って話すことに越したことは無い。文字だけでは読み取れない、相手の意思、体調、それに匂いも判る。会話中に無言であっても、下を向いていれば話題に消極的であり、相手の目を見詰めていれば積極的な姿勢が見て判ると言うもの。

 とは言え、離れた場所から会議に集まるとなれば、移動の時間や環境負荷も大きいから、相手の見えるテレビ会議を利用すれば、互いの表情が読み取れ、移動時間も節約出来て、移動に関わる環境負荷も無くなり、良いことばかりである。

 それなら、拠点が分散している組織は、直ぐにテレビ会議システムを導入すれば良い筈だが、導入していない組織の方が多数のようだ。その原因は、価格の問題であろうか、さもなければ、テレビ会議を嫌う民族性の問題であろうか。

 そもそも、会議ばかりしているようでは、その組織の明日は無い。会議は可能な限り短く、出来れば無いに越した事はなかろう。代りには、電子メールを大いに活用すれば良い。どうしても相手の顔が見たい時は、会いに行く。『友、遠方より来る』と言うではないか。
d0052263_046342.jpg


             会議とは 見て聞き話し 嗅ぐことも
by tabigarasu-iso | 2009-01-12 00:46 | 随筆 | Comments(0)