人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

緑の墓石

 高価な墓を作ることに苦心するより、その費用を苗木に使って緑化に貢献し、子孫には樹木に掲げた名札で先祖の存在を示す、そんな子孫のことを配慮した素敵な人々が増えています。命は、自然の営みから生まれてくるもの、その自然が地球規模で病んでいる今、苗木を植えて森林育成に貢献し、次の命に繋げることの方が、御影石の立派な墓を子孫に見せるより大切なことに違いありません。

 かねてより、自然の中に埋葬されることが当然な旅ガラス族としては、大半の人間が墓に入ることを当然に考えることを、不自然に感じておりました。一坪余りの土地に海外から輸入した墓石を載せ、数百万円もの大金を注ぎ込み、関係者が年に数度訪れるだけの墓を守ることも勿論大切ですが、同じ費用と労力を苗木に掛けるなら、苗木は年々育ち、やがて土地を豊かにし、水資源を守り、二酸化炭素を固定し、新鮮な酸素や燃料を供給してくれる、先祖が眠る森を育てることが可能になる。

 この樅は爺さんの植えたもの、その隣の栗は婆さんの植えたもの、楢の苗木を植えたばかりの場所は、父さんがやがてゆっくり眠る場所。そんな話を聞きながら、子供達が森の散策を楽しむ光景を想いうかべてみれば、いよいよ従来の墓に変えて苗木を植える人間が増えることでしょう。

 けれども、墓に変え苗木を植える道を選ぶ人間は、苗木を被う藪を刈り不要な枝を払い落として間伐を行う、森の番人を雇うことを忘れてはいけません。こうした森の運営を忘れなければ、墓を止め苗木を植える緑化の推進は継続的な流となり、緑の大地を子孫に残すことが可能になるでしょうから。

緑濃き 山に雨降り うど恋し
by tabigarasu-iso | 2005-05-29 23:36 | 問題解決 | Comments(0)