ブログトップ

白髪の旅ガラス

心身のバランス

 働く事が嫌いなキリギリスのような人が居れば、仕事が趣味の兵隊アリのような人も居ますから、世の中、良く出来ているものです。どちらも程々であれば、心身のバランスが取れて宜しいのですが。

 神様の世界も似たようなものでしょうから、真面目な神とそうでない神が想定され、迷える人の導き方にも斑が生じます。ベテランのコンサルには、初心に戻り細かな要望にも答えなさいと耳打ちしたかと思えば、細か過ぎる指導は自立を妨げると別の耳に入れ、混乱を楽しむ悪戯好きな神が導くことに。

 真面目な神は、経験の浅いコンサルと共に悩み、いつまで経っても安心できる言葉を口にしません。日頃の不満をコンサルに向けるお客様に囲まれ、逃げ場を失ったコンサルは天井を見詰め、必死に神を探しますが、すぐ後に居るので見つけることができず、両者が揃って困り果てます。

 何れも神様ですから、必ず助けてくれる筈だと、弱い人は信じて疑わない。そこからバランスが崩れ始めていることに気付けば良いのですが、心が疲れていれば、それができません。それを教えてくれるのは、心身のバランスに敏感なオカミサンでありましょう。


               止まり木に 老いも若きも 羽休め
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-08-04 16:35 | 随筆 | Comments(0)