ブログトップ

白髪の旅ガラス

缶詰

 一度に大勢の人を移動させることができる電車は、発着時間も正確で便利なものだ。けれど、同じレールの上を走るから、何等かの理由で先の電車が停まれば後続の電車も停まるしかない運命にある。

 バスや船と違い、追い越しのできる箇所は駅に限られているから、車輌故障や人身事故あるいは急病人が発生する都度、駅と駅の間で停まった車輌では、多くの人が長いこと車内に閉じ込められてしまう。

 新幹線や特急列車のように、各車輌にトイレがあれば用も足せるが、近距離や中距離の電車には、それは無いに等しい。着く筈の時刻から二時間以上も車内に閉じ込められて居れば、あちらこちらで生理的な緊急事態が発生していよう。

 便利な電車が抱える不便な事態はやむを得ないが、中距離電車でも新幹線と同様、全ての車輌にトイレを整備することは、無理な願いであろうか。それが無理なら、二輌に一輌は、生理現象に対処する設備の用意、サービスとして当り前と考える。
d0052263_12404213.jpg


             梅雨空に 咲いたコスモス 夏飛ばし
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-26 12:41 | 随筆 | Comments(0)