ブログトップ

白髪の旅ガラス

訴求

 経営のトップを走る方は、求心力となる経営方針を掲げ、経営目標を実現するため、人、物、金銭の課題に対し、顔で笑って皆を安心させながらも、心の中では波風の絶えることはないでしょう。

 かような経営トップに共生コンサルを直接訴求する、そんな機会は滅多にありませんから、コンサルを展開する現場から共生コンサルの提案が上がるよう、半年から一年のコンサル期間中の要所で企画する必要があります。

 経営コンサルであれば決算時期を挟み、環境コンサルであれば第三者の審査時期を挟み、コンサルに投入する費用に対して、金銭面での効果や金銭で現れないものを金銭に換算した場合の効果を、窓口担当者の成果として経営トップに報告する、こうした企画提案を日常のコンサル業務に追われて、忘れてはなりません。

 直接、経営トップと面談する機会が出来ましたら、組織内部の構成員では叶わない課題を、組織外部のコンサルが準構成員として支援する効果を説明し、共生コンサル採否の意向を確かめます。

「即戦力の要員を雇うこと、容易ではありません。その点、我等コンサル族は、目標に対して無駄の無い支援が可能です。また、外部の者だから言える、外部の者だから聞ける、しがらみの無い立場が、組織の潤滑油にもなり得ましょう」

 賢明なトップであれば、経営目標を実現する手段として、組織内の要員に拘らず、外部コンサルを継続的に活用するメリットを理解され、潔く共生コンサルを採用してくれることでありましょう。


昼過ぎの 俄か暗闇 夏かしら
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-04-30 14:10 | コンサルサービス | Comments(0)