人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

虚業

 世の中には、不思議な組織もあるものです。社員より役員の人数の方が圧倒的に多く、数名の社員に実務を頼る。特殊な仕事であれば、そうした組織も成り立つでしょうが、競合の多い並の仕事であれば、継続しているのが不思議です。

 やはり、その組織は傍からは見えない、特殊な仕掛けを持っているのでしょう。資金が次々と集まる魅力的なアイデア、他社にないサービス、少人数でこなせるシステム、いずれか不明ですが、その正体を知りたいものです。

 どうやら、ビジネスモデルに興味を示す出資者が後を絶たず、役員の輪を広げるのに忙しく、そのモデルを展開する必要性がないらしい。だとすると、モデルの魅力だけが残り、実態は何一つ動かないかも知れません。

 こうした仕事のことを、虚業と言うのでしょうか。実業を持たず、モデルの素晴らしさだけで資金を集め、それだけで組織を維持しようものなら、いずれ出資者に本性を見抜かれ、残像だけが記憶に残る組織になりましょう。

西の空 黄砂にけむる おぼろ月
by tabigarasu-iso | 2006-04-27 01:20 | 随筆 | Comments(0)