人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

法師蝉

 猛暑の日々も過ぎ、凌ぎやすくなった朝方のこと、庭の主となった枇杷の木の方から、鳴りを潜めていた蝉の声が聞こえます。

「ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ツクツクホーシ」

声の主は何処に居るのか、裸眼で探してみましたが見えません。それでも懸命に焦点を絞ってみれば、翅の透明な蝉が木肌に貼りついているのが見えました。

『まだまだ、裸眼も捨てたものじゃない』

 少しばかり自信を持たせて貰ったところで、ズームの付いたカメラを取りに行き、拡大してみれば裸眼の比ではありません。

『やはり、餅は餅屋だ』

 何かを悟ったように鳴く蝉の透き通った翅の美しいこと、感動の余り手振れのないよう無の境地でシャッターボタンを押します。

『もう秋ですよ』

 つくつく法師に教えて貰いました。


読経を 聞かせてくれる 法師蝉

d0052263_14370084.jpg



by tabigarasu-iso | 2019-09-18 13:00 | 随筆 | Comments(0)