人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

不安な自主防災会の緊急時対応

 過日、或る公会堂にて自主防災の班長会議がありました。地震や水害などの災害発生に備え、自主的な避難活動を行う為、班長に役割を周知させるもののようです。

 事業報告がなされ、今年度の予算が承認され、いよいよ本命の緊急時対応手順の説明になりました。情報班、消化班、避難誘導班、救出救護班、給食給水班の班長の挨拶があり、これは本格的だと身を引き締めます。

ところが、挨拶だけで緊急時対応詳の説明はありません。これでは、いざという時に何の役にも立たない。

「役割の詳細を書いたものはないのですか」

「ええ、ありません」

 自分は避難誘導班の誘導担当になりましたが、何処のルートで何処へ誘導したら良いのか分かりません。

「後日、詳細な資料を配付しますので御覧ください」

 会議の目的は何であったのか、不安な気持ちで帰路に着きました。


自主だから 自主で避難と 無理を言い

d0052263_10393460.jpg



by tabigarasu-iso | 2019-05-13 10:00 | 随筆 | Comments(0)