人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

ドアを開けたら警報音

 それは、環境ISOの現場訪問の最中でした。白髪の審査員二人が居室のドアを通り抜けた直後、携帯電話の警報音が一斉に鳴り響いたのです。

 マナモードの携帯電話が鳴るのは、弾道ミサイルや緊急地震速報などの災害や国民の安全を脅かす緊急情報を伝える時のことですから、状況を確かめなくてはなりません。

「地震でしょうか」

 大きな地震の緊急情報であれば、審査は中止して避難の準備に入る必要があります。

「ミサイルでしょうか」

テレビ画面を確認していた人は、そうではないと首を横に振ってくれました。

後になり、江東区による流さない筈の送信訓練の誤送信だと解りましたが、鳴らない筈の携帯電話を一斉に鳴らす訓練だけは止めて貰いたいものです。


その時、審査員は誰が冷静に状況を確認し、適切な指示を行うのか、緊急時のリーダーの存在を確認させて貰いました。


       ドア開けりゃ 警報音に 見舞われる

d0052263_18102551.jpg


by tabigarasu-iso | 2019-02-21 17:00 | 随筆 | Comments(0)