ブログトップ

白髪の旅ガラス

ヤモリの脱皮

 立冬を迎えたものの、台所の窓ガラスに毎夜現れるヤモリは盛んに虫を追い掛けています。やがて気温が一桁になれば、動きの鈍いヤモリは冬眠に入るでしょうが、今の所はその気配はありません。


 それどころか、古くなった皮を脱ぎ捨てたものの、脱ぎ捨て切れない皮を尻尾の先に付けたまま、獲物を狙っている最中です。この様子では動きが鈍く、狩にはならないでしょうに。


予測した通り、今宵の狩を諦めたヤモリは、脱ぎ捨てた皮を尾の先に付けたまま、ガラス窓から消えました。どこかで古い皮を引っ掛け脱ぎ去るか、自分で食べてしまうことでしょう。


それにしても、珍しい光景を見せて貰い、証拠の写真と思いましたが、ヤモリの本体は枠に隠れ、ヤモリを包んでいた皮だけ写しても見栄えが悪く、想像して貰います。

 

 ガラス窓 中は家猫 外ヤモリ

d0052263_15061892.jpg

 


[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-11-09 09:00 | 随筆 | Comments(0)