人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

色づく枇杷の実

 幼子が店で買った枇杷の実の種を飛ばし、落ちた所で芽が出て育ち、広い場所に移し替えたらグングン伸びて、今では見上げるばかりの大樹となった枇杷の木には、鳥達が新芽を啄んでくれたお陰で見事な枇杷が鈴生りになりました。


 その色は青から黄色に変わり、間もなく甘い香りが辺り一面に漂い始めそうです。やがて、新芽を啄んで、大きな粒に揃えた功労の鳥達が気付き、枇杷の実を狙って舞い下りることでしょう。


これまでは、オナガドリが枇杷の実を狙っていましたが、このところ姿が見えません。その替わり頻繁に目にするのは、チュンチュンと朝から喧しくコミュニケーションするスズメの群です。


 オナガドリに比べたら身体は小さく、カラスと争う勇気も持ち合わせていないスズメですが、色づいた大きな枇杷の実を、小さな嘴で啄む光景を遠くから眺めたオナガドリは、何を思うことでしょう。


枇杷の実を 横取りされて 悔し泣き

d0052263_22404174.jpg



by tabigarasu-iso | 2018-05-28 22:30 | 随筆 | Comments(0)