人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

気になる二酸化炭素価格の動向

 地球の温暖化は、異常気象や海面上昇などの地球環境問題を引き起こします。その原因は温室効果ガスの排出であり、自主的な対策としてISO14001の導入があり、法規制による強制的な削減策もあります。


 地球温暖化対策推進法では、年間3000t以上の二酸化炭素を排出する事業者は温室効果ガス算定排出量を所管の大臣に毎年度報告することが要求され、原油輸入者には地球温暖化対策税として二酸化炭素1tに対し289円が課せられました。


 欧州では、二酸化炭素1tに対し1700円ほどの炭素価格が課せられています。日本の地球温暖化対策税に比べ約6倍の排出課金になり、温暖化対策に対する危機感の相違点が税金の差として現れているのでしょう。


 国際的な企業では、事業拠点を置く国毎に異なる政策に対応するため、地球温暖化による気候変動リスクを予測して、炭素価格の変動などを企業経営に反映させなければなりません。


 個体や液体の廃棄物を排出者が処理するのは廃掃法で要求され、排出者は廃棄物処理費用として適正な金額を処理業者に支払っています。これと同様、大気に投棄する(放出する)温暖化ガスの処理費用として適正な金額を排出者は処理業者に支払う時代になりました。


鯉のぼり 綺麗な空気 腹に入れ


by tabigarasu-iso | 2018-05-07 12:30 | 随筆 | Comments(0)