人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

remember me(忘れないで)

あの世に行った人は、この世の家族が写真を飾ることや、迎え火を燃やしことで、この世の家族の元へ戻ることが可能だと考える人も居ます。


その人には、彼岸が過ぎてお盆になれば、数え切れない先祖が子孫の顔を見にあの世からおりてくると考えられることでしょう。


ただ、それでも何かの都合で子孫の記憶から消えてしまうことがあります。その時、人は本当の死を迎えると言う考えに異議はありません。


忘れないで欲しいと思いながら、自分の記憶に残っている先祖は、祖父と祖母まで。これが限界のようですから、せめて自分の孫にも同じように自分を忘れないで欲しいものです。


花盛り 忘れないでと 桜言い

d0052263_16233795.jpg



by tabigarasu-iso | 2018-04-02 15:00 | 随筆 | Comments(0)