人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

ミサイル発射を止める策

 休戦中の隣国は、ミサイルを頻繁に発射している。先の戦いに敗れた我が国は、平和憲法のもと武力を持たず行使もしない。ただ、国連決議に違反する行為として抗議するだけである。


 幾ら抗議しても、休戦中の隣国は痛くも痒くもない。我が国の北海道の上空を通過させ、太平洋上にミサイルを落下させた。その下に我が国の漁師でも居れば、大変な事態になっていたことであろう。


 ミサイルを発射する側にも、そうしなければ自国の存続が危うくなる言い分がある。核兵器を保有する米国に対し、対抗するには核兵器しかなく、それを米国にまで届かせる為の試射は欠かせない。


 ミサイルの射程内にある我が国は、抗議の他に何を為すべきか。休戦中の隣国を支援する国に対し、支援を止めるよう依頼しながら、他の外交で解決策を見出すしかない。その一つとして、トップ同士の直接談判もある。


 いずれにしても、ミサイルを乱射する行為は許されないことだが、核兵器保有国が核兵器を持とうとする国に対し、核兵器を持ってはならないとする国際ルールには、首を傾げる。


 家猫が 蝉を捕まえ 得意顔

d0052263_10164797.jpg



by tabigarasu-iso | 2017-08-31 10:00 | 随筆 | Comments(0)