人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

内部監査の弱点

 社員が内部監査員の資格を取って行う内部監査は、他の部署を監査することになります。しかしながら、社外の人より内部事情に詳しく、内部監査の基準に適合しているか否か、厳しい判定が可能な筈ですが。


 内部事情に詳しいことが災いし、監査相手が内部監査の基準に外れていても、指摘を迷うことになります。それを承知で指摘すれば、仲間外れを覚悟しなければなりません。


 仲間外れを覚悟するほど内部監査の評価が高ければ、一瞬の躊躇いはあっても指摘することになりますが、残念ながら業績評価に内部監査を行った結果が反映されることは少ないようです。


 内部監査を業務の一環として行うなら、当然のことながら業績評価の対象になり、指摘の内容が厳しいものであれ、指摘された仲間も承知してくれることでしょう。


 内部監査の弱点は、事情を知り過ぎている仲間に厳しい指摘が難しいこと、それに内部監査が業務の一環として評価されていないことではないでしょうか。


 駄目ですね 同じ科白を 返されて


by tabigarasu-iso | 2017-08-18 19:39 | ISOマネジメント | Comments(0)