人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

折鶴

 紙には、色々な使い方がありまして、文字を書けば思いが伝わり、絵を描けば風景や面影が見え、折って、折って、折り返せば、飛行機にもなり、人形にも変身します。

 その一つ、折鶴が、机やベッドそれに洗面所、いたるところに置かれたホテルがありました。誰も居ない部屋に入るのは寂しいもの。鶴が待っていてくれるのは嬉しいもので、以降、コンサル前泊の常宿にしました。

 かように、サービスは、ちょっとした気配りがきっかけで、利用されたり、利用されなくなったりするものです。同じサービス業に就く者として、折鶴サービスに感心しながら、有り難いホテルのサービスの要点を考えますと。

 窓の外に景色が見えること。夜遅く入り早朝に出るので、窓など不要だとは思うのですが、カーテンを開けたら隣のビルの壁では、壁に見られているようで、気が休まる暇がありません。また、空調を切ることができること。寝床の中で聞く空調音は喧しいもので、冷蔵庫のコンプレッサーと同じく、スイッチが切れることが必須です。

 多くは望みませんが、ホテルは静かなことが第一で、折鶴のような控え目なサービスがあれば、そちらに乗り換える方が多いことでしょう。我等コンサルサービスも新メニューを考案しないといけません。ユーザーの平らな紙を折って願いを叶える、『折鶴コンサル』を追加しましょうか。  

鎌上げて 威嚇するなよ 子カマキリ
by tabigarasu-iso | 2005-11-12 18:17 | ニュース | Comments(0)