人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

淋しい便利さ

 上野東京ラインが開通して、東海道新幹線への乗り継ぎは楽になりました。終着駅であった上野駅は、予想通り淋しくなったようです。上野駅始発もありますが、その本数は減り、小田原方面から入る車両は大変混み合っていました。

 上野始発を長い時間待って座るか、混雑した車内で立ったまま我慢するか、上野駅から下り電車を利用する人には以前より不便になったようです。それに、降りる客が減った所為で、立ち食いソバ屋も以前ほどの賑わいはありません。

 金曜日の夕方は、上野駅周辺の春を楽しむ人の流れで構内は混雑しているようです。少し贅沢して乗った小田原発の普通電車のグリーン車は、座れない人もありました。上野始発の時には考えられないことでしたから、上野東京ライン開通の弊害と言えるでしょう。

 常磐線と高崎線が東海道線に繋がり、乗り換えなく往来できる便利さは、始発で座れる便利さに勝るようです。構内のホームで立ち食いソバを楽しむ人の姿が減るのも、仕方のないことかも知れません。

 始発駅 終着駅から 途中駅
d0052263_10354285.jpg

by tabigarasu-iso | 2015-03-28 10:00 | 随筆 | Comments(0)