人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

御嶽山の噴火

 活火山である御嶽山が噴火した。紅葉の季節で山登を楽しむ人が被災し、心肺停止の方や重軽傷を負った方が大勢居る。活火山の本性をまざまざと見せた。

 噴火の予知は出来なかったようである。ただ、噴火の実績はそう遠い過去のことではなかった。被災された方は気の毒だが、活火山に登るからには噴火の可能性と噴火した際の影響を忘れてはいけない。

 浅間山も活火山の仲間である。長野と群馬の県境にあって、今も頂上から煙を出しているから油断ならない。御嶽山の噴火を教訓にして、予知の精度を上げることだろう。

 我が故郷は、浅間山の裾野に広がる。昔から噴火の凄まじい威力を見せて来たから、軽視する人は誰も居ない。だが、予知に頼り過ぎると、噴火の可能性を忘れてしまう。予知の精度は完全ではないから、活火山に登る時には噴火することを忘れてはいけない。

 高い山 深い海中 リスク大
d0052263_11143160.jpg

by tabigarasu-iso | 2014-09-29 09:00 | 随筆 | Comments(0)