人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

保管と保存と保持

 些細なことは、一向に気にしない人とそうでない人がいます。そんな人には、保管と保存と保持の違いなど訊いても、どれも同じことだと言われてしまうことでしょう。

 ところが、文書管理や記録管理の現状を検証する審査員としては、些細な相違点だからと言って無視する訳には行きません。正しく、相互の相違点を理解した上で、審査先の対応が適切かどうか検証することが必要になります。

 国語辞書によれば、「保存(keep)は、現状のままに維持すること」、「保管(storage)は、他人のものをあずかって、こわしたりなくしたりしないこと」、「保持(retain)は、もちつづけること」と相互の差異が分かる説明がありました。

 具体的に使い分ければ、教育記録は3年間保持する、野菜は腐らないよう暗室で保存する、文書の原本は事務局で3年間保管する、そんな使い分けになるようです。青春の想い出は、いつまでも胸の奥に保持することにしましょう。

 春雨に 梅の花びら 落とされて
d0052263_9505981.jpg

by tabigarasu-iso | 2014-03-22 00:00 | ISOマネジメント | Comments(0)