人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

環境マネジメントシステムの有効性

 年度末を迎え、環境マネジメントシステムの有効性を評価しようとする方に向け、そのポイント紹介します。

 トップの作成した環境方針を実現する為、環境マネジメントシステムは運用されるものですから、その有効性は環境方針が実現する方向性にあるか否かで判断しなければなりません。

 環境方針の実現性は、環境方針と整合する環境目的や目標の達成度で推し測ることができます。例えば、目標数値の達成度、期日目標の厳守度などで、予定通りか否か迷うことはありません。

 目標達成の危うい案件も発生しますが、この場合でも、施策、担当者、時期の見直しを適切に行えば、環境マネジメントシステムは継続的改善に向け、有効に機能していると評価できます。

 そうでない場合は、環境マネジメントシステムの何処が機能していないのか、内部監査や経営者の見直しで発見しなければなりません。また、その役割を第三者の審査は果たす筈です。
 
 システムの 効果あるかと 誰に聞く
by tabigarasu-iso | 2012-03-16 07:03 | コンサルサービス | Comments(0)