人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

寝覚の床

 中央西線の木曽福島駅の近く、木曽川の流れが花崗岩を削った見事な岩床があります。車内のアナウンスでは、有名な寝覚の床と言うことで、思わず立ち上がり見下ろしました。

 誰が寝ていた床か知りませんが、頂は平らで周囲は切り立っています。水流は、どのような技を使い削り上げたのか、不思議でなりません。

 ところで、この床は水力発電所が川の水を利用し始めて現われたそうですから、それまでは水流の中に大半が隠れていたようです。

 浦島太郎が龍宮城で貰った玉手箱を開け、夢から覚めた床が謂れのようですが、水力発電所が水を飲み干して、落ちたら危ない高い床になったこと、彼は知らないことでしょう。

木曽川を 上る翁の 白昼夢
d0052263_1330428.jpg

by tabigarasu-iso | 2011-06-17 01:12 | 随筆 | Comments(0)