人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

ホームオフィスの良否

 ホームオフィス制度の導入が決まった組織の方に聞いてみた。
「それは、在宅勤務のことですか」
「はい」
「導入の理由は」
「詳しくは知りません」
「それで、あなたは問題ありませんか」
「ええ」
「他の方は」
「知りません」
「なるほど、それではオフィスに集まる理由がないようですね」
「・・・」

 一方、この制度で困っている人に聞く。
「お困りのようですね」
「ええ、家では仕事になりませんから、何処か立ち寄る先を見付けないと」
「それでは、ホームオフィスではなくなるようですね」
「・・・」
「では、何故、導入に反対されないのですか」
「オフィスに居て出来る仕事ではありませんので」
「でも、家では出来ないのでしょう」
「ええ」
「煮え切らない人ですね」

 前にも触れたが、在宅勤務の一番の敵は近所の主婦の目である。それに打ち勝てば、仕事の種類によっては合理的であり、通勤で無駄なエネルギーを使わなくて済むから、地球温暖化対策にも有効だ。

 だが、明確な在宅勤務方針を打ち出し、センターと在宅勤務者との意志の疎通を図る手段を持たない場合、組織の消滅に繫がることは間違いない。

            船頭の 居ない船に 誰が乗る
d0052263_19441686.jpg

by tabigarasu-iso | 2011-06-08 19:23 | 小説 | Comments(0)