人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

記録でしょ 改訂しては いけません

 世の中には、改訂のできる文書とできない文書があります。それを決めるのは、文書を扱う組織の判断に拠りますが、決まりが曖昧な場合はどうなることでしょう。

「貴社は、文書を改訂した際には履歴を残すことになっていますが、教育記録には改訂履歴がありません」
 記録は改訂するものではありませんので、質問を受けた側は戸惑いを隠せません。

 それを理解していないと誤解した身内の方は、文書の管理について、あるべき姿を説明し始めましたから、ますます混乱の輪が大きくなって行きます。

 そこで、コンサルが静かに話しました。
「あのぅ、記録と言うものは改訂できません。敢えて改訂するなら、それは改ざんになるのではないでしょうか」

 ここで漸く、質問者が根本的な間違いに気付いたようです。はて、この場が審査でなければ良いのですが。
d0052263_735896.jpg

門の脇 頭の消えた 雪だるま
by tabigarasu-iso | 2011-02-18 07:00 | コンサルサービス | Comments(0)