人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

なるほど

 井上ひさし氏の文章を書く時の注意点を読み、自分の文章を→で比較してみれば、反省することばかりです。

 文章は短いほどよい。
 →川柳以外は比較的長い文章である。
 結論を先に云え。
 →結論を最後に残して置く。
 むやみに漢字を使うな。
 →書けない漢字まで多用する。
 無意味な接続詞は省け。
 →いきなりは淋しいから、とは言え、そして、けれど、など手放せない。
 読点の打ち方に神経を使え。
 →読点を打つか否か、それを常に意識している。
 横文字をなるたけ使うな。
 →意味の不明な横文字は使わないようにしている。
 同じ言葉を何度も使うな。
 →その通りである。
 隠語や駄洒落はさけよ。
 →気が付かないうちに使っているかも知れない。
 饒舌になってはいけない。
 →時になるのは仕方ない。
 段落のつけ方に気を配れ。
 →その通りだが、紙と電子媒体では差をつけている。
 擬人法を上手に使え。
 →そうありたい。
 ボキャブラリーを増やせ。
 →おやおや横文字になりました。

 なかなか、井上氏の云われるまま文章を書くのは骨が折れるものです。それでも何とかしたい。
 
 最初の三行に勝負をかけろ。
 →これは守りたい。
 文にリズムをつけなさい。
 →いつも心で唄いながら書いています。
 話すように書け。
 →これは簡単なようで意外と難しい。
 下手でもいいから丁寧に書け。
 →なるほど、ようやく安心できました。

d0052263_031151.jpg


【コンサル川柳コーナー】

№60 新しい 縄張り探す 老いカラス

by tabigarasu-iso | 2010-06-15 00:04 | コンサルサービス | Comments(0)