人気ブログランキング |

ブログトップ

白髪の旅ガラス

政権交代

 事前調査によれば、自民党から他の党へ、政権交代が実現しそうな衆議院議員選挙の予測である。新しい与党候補の政権公約が優れていると言うより、現在の与党が代わることで政策の変化に期待する国民の総意だと、政治評論家は口を揃えて言う。

 難しい話は判らないが、選挙の時だけ頭を下げて、当選すれば庶民のことなど忘れ、私腹を肥やすために税金を使う、そんな政治家集団は御免である。庶民と同じ家に住み、庶民と同じ生活に追われ、老後の心配をしながら、納税者に代わって政治を行う人を選びたいものだ。

 だが、どなたがそうだか判らない。新聞などに掲載された情報から判断するしかないが、そこに当該の情報がなければ判断に迷う。さような情報は、まずないから、そんな人が多く存在しそうな党を選ぶ。それも該当しなければ、そんな視点から政治活動をしてくれそうな候補者を選ぶしかない。何とも歯痒いが、それで棄権すれば、私腹を肥やす政治家の思う壺になる。

 少なくとも、庶民の生活が判らない人を選べば、政策に庶民の要望が入ることはないから、庶民の為になる政治が展開される可能性はない。そうでない人を選ぶことができても、少数派であれば政策が実現する可能性はないから、困ったものだ。そこで、政権を取る与党には、庶民の生活感覚を忘れない政策を、大いに期待したいものである。
d0052263_0335051.jpg


政治家に なりたい子供 増やしたい
by tabigarasu-iso | 2009-08-29 00:35 | 随筆 | Comments(0)