ブログトップ

白髪の旅ガラス

<   2017年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

改善マニュアルのすすめ

 車を運転するには自動車運転マニュル、テレビを観るにはテレビ操作マニュアル、鉄人28号を操るにはロボット操作マニュアル、そして環境管理システムを共通の手順で実現するには環境管理マニュアルがあります。


 かようにマニュアルにも色々ありますが、表沙汰になって驚くものは、データ改ざんマニュル、詐欺指南マニュアル、脱税支援マニュアルなど、正義とは掛け離れた裏社会のものでしょう。


 ある組織では、トップの指示により、品質データ改ざんマニュアルなるものが整備され、それに基づく改ざんが長年に亘り当たり前のように行われていたようですから、空いた口が塞がりません。


 もしもデータ改ざんが原因で事故などが発生すれば、製造物責任に問われる重大な違反ですから、さようなマニュアルは廃止しなければなりません。が、レベルは違うものの、業務実態とは異なる審査向けマニュアルを作成し、それを審査時に提示するのも似たようなものです。


 人や組織にも、それぞれ歩むべき道があり、その道を外れないで歩むには、人の背中を見て覚え、人の話を聞いて覚え、或いは文書化したあるべき姿のマニュアルを理解しなくてはなりません。短い人生ですから、出来ることなら改善マニュアルを用意し、正々堂々と生きたいものです。


大掃除 心の垢も 拭いてとり



[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-30 19:40 | ISOマネジメント | Comments(0)

年賀状の向こうに

 無料の年賀状ソフトをダウンロードするまではスムーズに進むものの、そこから先の干支の選択やら挨拶文の編集に手間取り、漸く、宛先の更新に入りました。


同級生は何をしていることやら、世話になったあの人は元気だろうか、一緒に汗を流した人は未だ頑張っているに違いない。宛先の入力や変更する時間など大したことはありませんが、その向こうに想い出が浮かびなかなか終わりません。


年賀状の編集が終わって、いよいよプリントする段取りになりましたが、接続したプリンタが言うことを聞かず、これは相性が悪いと諦めました。別のパソコンに向かい、勢いを増して無料の年賀状ソフトのダウンロードから印刷するまで休みません。


やっとの思いで印刷してみれば、同じ宛名が続いて慌てて印刷を中止にします。原因は、宛名の印刷範囲と印刷枚数の設定誤りと分かりました。問題なく印刷も終わりましたが、再び、コメントの手書きで想い出に浸ることでしょう。


この一年 どうしているの 知りたくて

d0052263_10324205.jpg





[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-29 11:00 | 随筆 | Comments(0)

201711月に品質データの改ざんが発覚したMアルミニウムは、品質ISOの審査機関であるJSAから、1225日に認証の一時停止処分を受けたようです。

JSAは、認証一時停止の理由を「再発防止策の有効性が確認できなかった」として、一時停止の解除には品質管理体制の改善が必要になるとのこと。これは、認証取得している組織が品質管理体制に関する不適合を有している場合、不適合の是正が有効と判断できるまで、審査機関の下す処置として当然のことです。

品質ISOの審査機関はシステムの適合性や有効性を検証するものであり、審査する組織の製品やサービスの品質を保証するものではありません。品質データの改ざんの再発を防止するシステム上の弱点は、JSAによる立ち入り検査では管理体制の不備(不適合)のようでしたから、管理体制の改善を行い、それが有効と判断されるまで認証は停止になります。

 Mアルミニウムでは、不正の詳しい内容に関しては「安全性が確認された」としていますが、それを裏付ける説明がありません。製品やサービスの安全性に関する説明は製品やサービスを提供する組織の責任であり、その説明がなされていないのは、トップの説明責任の欠如であり、管理体制が改善されていないと指摘したのは、品質ISOの要求事項から当然のことでしょう。

サンタさん 品質認証 取り上げて

d0052263_11524441.jpg



[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-28 10:00 | ISOマネジメント | Comments(0)

メンバーとして評価され

 審査員は、審査する組織から審査態度や審査内容を評価されます。審査リーダーはもとより、審査メンバーも評価され、その結果を見て安心するか、首を傾げるか、残念に思うか、疑問に思うか、気にしないか、何れかに落ち着く。


ある組織で審査メンバーを担当した時の評価が届きました。担当者のヒアリングでは、分かり易い言葉・表現でポイントをうまく聞き出していただき、非常に参考になりましたとのコメントがあり、大変有難く、生き甲斐になります。


ところで、審査員の評価は、大変良いA、良いB、改善を要するC、悪いDの四段階。コメントの何もないAは、参考にはなりません。大変良いなら、何が大変良いのかコメントが必要でしょう。さもなければ、審査員の生き甲斐やレベルアップにはならない。


ところが、CDの評価には必ずコメントがあります。何もコメントがなければ、審査員は無視することでしょう。また、改善しようにも改善する箇所が不明であり、悪い点が何か分からなければ反省しようもない。


かつて、D評価を一度だけ頂戴したことがあります。審査員を評価する事務局に対し、トップから歯に衣を着せないコメントを要望され、その場で正直に回答した結果でしたから仕方ありません。


漬物に 相手があれば 旨い酒

d0052263_11152318.jpg



[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-27 10:00 | ISOマネジメント | Comments(0)

寝ぼけ猫

 猫は、一日の四分の三を寝ている。その大半は、周囲が囲まれた自分のねぐら、残る時間は太陽の当たる出窓であったり、炬燵布団の上であって、寒い所では決して寝ないようだ。


 殆ど寝ている猫だから、起きた後の寝ぼけた顔を見られる機会が多い。正座したまま、焦点の定まらない目は何処を見ているのだろう。かつて捕獲した鼠の隠れ家でも、推理しているのかも知れない。


 何かを見続ける瞳は丸く、いつもより愛らしく見える。それは、瞳が光を受け付けていないからだ。光を調節する細くなった瞳は、ずる賢く、意地悪に見えるから、別の猫のようである。


 寝ぼけから覚めたら何をするのか、暇に任せて見守った。散歩に連れて行け、御飯をくれ、遊んでくれ、要望は何れかと待っていたが、期待は裏切られる。話題のチビトラは呆然と消え、再びねぐらに潜り込む。


師走とは 無縁の猫は また眠る


[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-26 09:00 | 随筆 | Comments(0)

相撲協会リーダー交替

 親方と言えば、何となく古い時代の現場を取り仕切る人、そんなイメージを持つ人が多いと思います。その呼称が今でも通用しているのは、大相撲の世界だけではないでしょうか。


最近のテレビ報道は力士暴行番組が多く、大相撲の組織が何度も説明され、理事長、理事、一門、親方、力士の関係が良く分かります。上層部の理事会までの呼称は近代的な匂いがしますが、一門、親方、力士は江戸時代のまま。


呼称はともかく、実態まで江戸時代ではいけません。平成の時代に相応しい、力士暴行事件の解決が望まれます。この事件を通じて、内部事情の見える化を図り、ブラック組織から社会的責任を全うできるホワイト組織に変身しなければなりません。


 組織の変身は、幕下でも給料を保証する給与体制への切り替えなど色々な想定は出来ます。けれど、勝ち越して給金直しや昇格、負け越して降格、実力第一主義の世界には馴染まない。


 組織は、トップのリーダーシップにより変わります。相撲協会のトップや経営陣は、横綱や大関といった相撲の実力者ばかりですが、経営に関しての力は如何なものでしょう。今や相撲協会も例外なく、協会を存続させ発展させる、強いリーダーシップを発揮出来るトップの出現が待たれるようです。

 

庭先の 落葉踏んだは サンタかな 


[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-25 15:00 | 随筆 | Comments(0)

素晴らしい審査員に会う

環境ISO規格内容が大幅に変更された登録審査に立会い、審査員の力量を確認する機会がありました。但し、コンサルは発言が許されない忍耐の場です。同席すること八時間余り、余分な脂肪が燃えて腹部が一回り細くなりました。


予想に反したのでしょうか、審査員は規格の変更内容を確認しながら、システムの出来具合に驚嘆しています。

「これほど改訂内容を良く把握され、展開されている組織は珍しいですね」

「ありがとうございます。登録審査に向けた活動ではなく、以前から行っていましたから」


 例えば、内外の課題が設備の老朽化や人材の不足に対し、資源の確保はどうするのか審査員が問えば、計画的な生産設備投資や職員の多能化で対応していることを資料で説明します。審査を受ける側の答えも立派ですが、審査員の質問の仕方が素晴らしい。


 どうやら、この審査員はシステムの運用経験がある方のようでしたから、休憩時間に訊いてみました。

「環境ISOとの関わりは、いつからですか」

「環境ISOの規格が1996年に発行される数年前からです」

「恐れ入りました」


 かような素晴らし審査員が居る限り、環境ISOの未来は明るいものですが、審査員にも定年がありますから、審査機関の内部の課題は、力量のある若手の審査員の育成と言えるでしょう。


クリスマス 土産貰わぬ 猫の声



[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-24 13:00 | ISOマネジメント | Comments(0)

 BGMで流れるクラシックギター演奏は、知らない曲ばかりだと良い。聞き覚えのある曲でも流れたら、当時の生活を想い出して手が止まる。


 手など少しくらい止まっても、誰にも迷惑は掛からない。それでも聞き惚れて、キーボードの上で手を休めたつもりが、知らぬ間にSキーを押したまま、それが何頁にもなれば修正に困る。


いっそのこと、好きな曲が流れたら、背もたれに身体を預けて、曲の中に埋没すれば良い。それが何曲も続くようなら、休憩に入り茶など飲みながら、どっぷりと昔に浸る。


 それにしても、真面目にクラシックギターの練習をしておけば良かった。自ら指先を動かし曲に浸る喜びは、プロの演奏を聞くのとは別な楽しみがある。


年の暮れ 胸に響くは ギターかな


[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-23 11:00 | 随筆 | Comments(0)

すもう道について

 いずれの生き方をするにせよ、正道を歩む限り進むべき方向があると思います。技術者であれば技術開発の道、他の者が開発した内容を参考にするまでは許されても、そっくり真似するのは許されません。


コンサルタントであれば、支援の狙いを実現する黒子に徹することが道であり、成果を自分の力のように口にしてはいけません。同じく、教師であれば生徒の能力を引き出すのが道であり、先生などと言われて反り返ってはいけないのです。


では、すもう道とは何でしょうか。互いに武器を持たず、土俵の上で品格のある戦いを行う力士の歩む道だと思います。では、土俵を離れた力士は、一般人と同様に社会のルールやマナーに従わなければなりません。


 すもうの稽古だからと言って暴力は許されず、態度が悪いと言って殴ることは社会人の道から外れます。どうしても許せない相手には、土俵の上で正々堂々と戦うことでしょう。


土俵外 睨む姿は 見苦しい



[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-22 22:30 | 随筆 | Comments(0)

 安全神話の新幹線において、検査をしたばかりの車輪の台車に大事故が予測される深刻な亀裂が見つかりました。もしも、途中停車しなければ、車両に乗車していた人は、脱線に巻き込まれて大怪我をするか、命を落としていたかも知れない。


 同じような事態が別の車両で起きる可能性はあります。これからも新幹線を利用する人は、脱線のリスクを想定しなければなりません。空飛ぶ飛行機が墜落するリスクを避けて、事故のない新幹線を利用して来た自分には悩ましい事態です。


 台車の亀裂、検査後にいきなりでしたら防ぎようがありませんが、異常音や異臭の予兆があったのに走行を続けていたようですから、関係者が安全神話に寝惚けていたと言わざるを得ません。


高速で走行する新幹線が脱線したなら、何処へ車両は飛んで行くことでしょう。安全ベルトもしない乗客は、何かに激しく打ち当り、うめきながら絶命する。そうならないよう、もう一度安全点検を徹底して貰いたいものです。


庭先で 土堀り用足す 猫笑い



[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-21 09:00 | 随筆 | Comments(0)