ブログトップ

白髪の旅ガラス

好かれるジジイの秘密

 好かれるジジイになるための三カ条と言うタイトルに惹かれ、毒舌家として有名な毒蝮三太夫さんの記事を読み、その魅力的な毒舌の秘密を探ってみました。

【人の話を聞くこと】
 自分の言いたいことばかり言う人は好かれませんが、人の話を良く聞く人は好かれるようです。
【名前で呼ぶこと】
 どんなに年齢を重ねた人でも、太郎さん、花子さんと名前で呼べば、呼ばれた人は幼児に戻り嬉しそうな顔をしてくれます。また、社長や工場長であっても、次郎さん、昭さんと呼べば、遠い存在が身近になるでしょう。
【清潔にして素敵な笑顔】
 年齢を重ねて皺や白髪が増えるのは自然ですから、清潔な容姿を保ち、素敵な笑顔を忘れなければ、誰からも好かれます。
【元気で自立した年寄】
 人の手を借りず自立した年寄で生きることができればどんなに幸せなことでしょう。

 毒蝮さんは、長寿で街の人気者から聞いた人気の秘訣も忘れません。
【愚痴をこぼさないこと】
 そうありたいものですが。
【自分でできることは自分でやること】
 そうなりたいものです。
【必要以上に異性にべたべたしない】
 さっぱりした異性との交際が綺麗ですね。

 中でも、取り分け記憶に残るのは次の言葉でした。
【自分の残った時間を人のために使うこと】
 なかなか言えない名言ですが、なんとかそうしたいものです。

 晴れた空 寒さ厳しく 尻炬燵
[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-28 10:00 | 随筆 | Comments(0)

お詫び

「根も葉もないことを会議中にヤジり、お詫びしたいと思います」
 何となく謝罪したように聞こえますが、そうではありません。謝罪しないことも含めて今後検討する意味ですから、承知の上で使い、承知の上で確認することが必要です。

 過日、ヤジを飛ばした総理大臣が、ヤジを訂正しお詫びする場面がありました。確か、その時に使われた文言に謝罪しますはなく、「お詫びしたいと思います」であったような気がします。

 この文言は、心からお詫びする場合にも使われますから、真意を確かめなければなりません。その真意を確かめるには、言い方や態度で確認するか、思っていたことを実践した時になります。

 話題になった総理のヤジは、立場が邪魔しているのでしょうか、未だ謝罪の言葉にはなっていません。人は誰でも言い間違いはありますから、素直に謝罪しますと言えば人らしくて良いと思いますが。

 曇り空 木の芽膨らむ 様を見る
d0052263_11521426.jpg

[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-27 09:00 | 随筆 | Comments(0)

 会社の目標と社員の目標が一致すれば、どんな成果が得られることでしょう。産業機器のセンサーを販売するK社では、それが実現して株価は高く、社員の給料も高いことで有名です。

 それでは、どんな方法で売り上げを伸ばしているか。K社の経営者が語ってくれませんから、残念ながら推理する他にありません。それを幾つか挙げれば、コンサル的営業、即納品、成果主義、顧客第一、値引きしないなどがあります。

 コンサル的営業とは、顧客の生産ラインに出向いて不良発生の改善などのコンサルを行いながら、制御機器に必要なセンサーを売り込むのでしょう。単にセンサーを売るだけなら、安いものを売り込むことも可能でしょうが、不良発生改善までは支援できませんから、多少高くてもK社のセンサーを買うことになるのです。

 生産現場としては、機械の故障でラインが止まれば困ります。K社の即納品サービスは、直ぐに修理してラインを再稼働したい要望に応えるもので、同業他社にはない特長と言えるでしょう。

 成果主義の採用は、終身雇用、年功序列を採用する会社運営に比べ、社員の目標達成意欲を引き出しているようです。ただ、成果を出せない社員は去るしかないのであれば、改善の余地があるのは、その点かも知れません。 

 成果主義 年功序列と 競い合い
[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-26 09:00 | 随筆 | Comments(0)

監査準備の一夜漬け

 いつでも、どこでも、約束の期日が迫らないと行動しない人でも、内部監査を明日に迎えれば、ジタバタしないで指摘を沢山されたら対応すれば良いと腹をくくるか、大いに慌てて徹夜で準備することになります。

 どちらも感心できない選択ですが、内部監査は組織内部の人が行う監査ですから、組織外部の人が行う外部審査とは異なり、どうしても甘える気持ちが生まれ、外部審査と同じような緊張感を持って臨むのは難しい。

 外部審査を受けている組織の内部監査は、その手順や結果の確認が外部審査で必ず実施されますから、内部監査する側は緊張感を持って内部監査に臨み、内部監査される側も日頃から準備に余念がありません。

 ところが、外部審査を受けず内部監査だけの組織では、内部監査の準備は直前だけになりがちです。それでも、前向きの対応する組織に向け、簡単な一夜漬けの方法を紹介しましょう。

 それは、内部監査の目的から準備作業を絞り込むことです。目的が適合性であれば、決め事と実態との整合を確認して置き、目的がリスク評価であれば、想定されるリスクの予防・対応状況を整備して置き、両方が目的なら、準備していない方は諦めましょう。

 雨上り 何処から届く 梅の香
d0052263_1225895.jpg

[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-25 08:30 | コンサルサービス | Comments(0)

本業に関する環境側面

 環境ISOでは、管理できる環境側面と影響を及ぼせる環境側面、これらを特定する必要があります。管理できる環境側面とは、自ら減らすことや増やすことできる環境側面であり、室内の照明や空調で使用する「電気の使用」や不要になった文具や紙くずなど「廃棄物の発生」のこと。

 管理できる環境側面は、誰も直ぐにイメージできるもので、その特定に迷うことはありません。ところが、影響を及ぼせる環境側面の特定は、想像力を働かせることが必要になります。

 例えば、生産ラインにおける影響を及ぼせる環境側面は、「作業効率向上の改善提案で省エネ」や「歩留り向上の改善提案で省資源」など想定することができるでしょう。また、製品企画における「省エネ製品ライン企画で生産ラインの省エネ」、製品開発における「省エネ製品開発で製品使用時の省エネ」、それに人事管理における「環境保全行動を反映した業績評価で省エネ」なども想定できます。

 かように、本業に関する環境側面を特定することから始め、この中から優先管理する環境側面を決め、業務目標の中に組み込めば、環境ISOは本業と一体化した仕組みになることが可能でしょう。

 例えば、総務部の年度目標として「環境保全活動10%評価を組み込む人事考課制度の確立」や「省エネ管理者育成コースの企画・運営」など、総務部の本業に有害な環境影響を抑制する人事考課や社員教育の目標設定が可能になります。

 
 寒気去り 解いたマフラー 置き忘れ

d0052263_12352765.jpg

[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-24 08:30 | ISOマネジメント | Comments(0)

ヤジの訂正

 ヤジは、他人の動作や発言に対してからかいや非難のことばを浴びせるもので、下品なものから上品なものまで幅が広い。いずれにしても、大切な法律を審議する場では、ヤジは控えて貰わなくてはなりません。

 これまで、野党議員のヤジが少しでも聞こえると話を中断していた総理大臣、どうした訳か野党議員の説明中に自らヤジを飛ばし、これでは今後ヤジを非難する訳には行かないようです。

 しかしながら、そのヤジの中身が問われ、話はややこしくなりました。これからヤジの中身を調査するでは、ヤジとしても上品なものではありません。素直にヤジを撤回して謝れば良いものを、立場が邪魔するようです。

 それでも、結果としてはヤジを訂正することに。自ら戒めていた他人のヤジ、そのヤジを自ら根拠もなく言ってしまい、中身を追及されて説明できない、潔く謝れない。こうしたやりとりにも、私達の税金が使われていますから、見逃すわけには行きません。

 飛ばすなら 頷くような 旨いヤジ
d0052263_1951307.jpg

[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-23 19:00 | 随筆 | Comments(0)

ランニングポリス

 曇り空の下、35500人のランナーが都内を走る東京マラソンは、参加者の多さに呆れてしまいます。今回から、競技中のテロを警戒する目的でランニングポリスがマラソンコースを走る姿が放映されました。

 どちらかと言えば、街中で見掛けるポリスはポッチャリ型の人が多く、どんな体型のポリスが伴走するのか興味を持っていましたが、流石にランニングポリスは贅肉など見られません。軽快な走りを観ながら、これが本来のポリスではないかと思いました。

 逃げる泥棒やテロリストを追い掛けて捕まえるには、ランニングポリスでなくてはなりません。それが運動不足で腹が出ていたのでは、空腹で無銭飲食した人が逃げても追い付いて手錠を掛けることは出来ませんから。

 何事もなく、東京マラソンは無事に終わりました。今後も多くの人が集まる場所ではテロの警戒をしなくてはならないようですから、ランニングポリスの姿を見掛ける機会は増えることでしょう。

 ランニング 早いポリスに ネズミ出ず
d0052263_14483931.jpg

[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-22 14:30 | 随筆 | Comments(0)

歴史を振り返る漫談

 三重県の津市で開催された寄席のラジオ放送に耳を傾ける。それなりに面白い噺に引き込まれ、簡単にまとめようとした話がまとまらない。邪魔する一つに自分の歴史を振り返る漫談があった。

 かつてはコンビで漫才をしていた人だが、今ではテレビでは殆ど見掛けない。どんな歴史を振り返るのか、自分史を話すだけでは誰も笑わないだろう。何をネタに笑いを取るのか注目して聞いた。

「だめよ、だめ、だめが流行ですが、自分にも流行の言葉がありました。いいじゃない!」
 そう言われても、殆どの人は笑わない。その言葉を言わせる状況説明がなく、いきなりキーワードを言われても笑えないものである。

 人気者であった過去を振り返りながら、駄洒落を織り込む漫談だが、いま一つ会場の反応が鈍かったようだ。二人漫才の呆け役で人気が取れた人でも、一人漫談が旨いとは言えないようである。

 ところで、寄席が開催された津市は、環境ISOの審査で訪問したばかり。固い話になりがちな審査を柔らかくしようと思い、『マイナスな目標ばかりでは、だめよ、だめ、だめ』と言ってみたが、心から受けたか不明である。

 場違いな 裸姿に 夜も逃げ
d0052263_11542540.jpg

[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-21 11:30 | 随筆 | Comments(0)

試練の時

 正月に放送が始まったばかりの大河ドラマ、視聴率の低さが注目を集めています。歴史上の人物を扱うドラマですから、視聴率を上げるために史実から離れたドラマ展開する訳にも行きません。

 かつて液晶テレビで世界をリードしたメーカーが赤字に苦しんでいます。また、ウオークマンなどユニークな製品で同業他社との差別化を図っていたメーカーも、同業他社が業績回復する中で復活の兆しが見えません。

 最近、ユニークな口調で知られる通信販売大手の経営者が息子さんに社長の席を譲りました。新社長は父親と同じ手法は採らないようですが、そもそも他社とは異なる営業手法を採用して成長した会社ですから、どんな営業手法か注目したいと思います。

 年度末、現場が複数ある職場では、異動の噂が飛び交う時期になりました。異動先が自分の意に沿わなくても我慢して赴任するか、意に沿わなければ異動を拒否して現在の職場に居座わる固い決意が必要な試練の時です。

 暗い空 降りしきる雨 いつ雪に
[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-20 12:45 | 随筆 | Comments(0)

陽気に誘われ

 朝から暖かな陽気に誘われ、草の上に寝転んだ猫は体毛の手入れに余念がない。やがて花が咲く草だから、さっさと追い払いたいところだが、警戒心を解いて気持ち良く横たわる愛らしさに許してしまう。

 暖房不要の車を運転して駅まで行く途中、歩道があるにもかかわらず、車道に出てノンビリと車椅子を押す人がいる。凸凹な歩道を避けてのことであろうが、押す人と押される人の命が危ない。

 ゆっくり運転で通り過ぎ、バックミラーを見れば歩道に移動したのが分かる。ほっとして、駅に着き妻を降ろして戻る途中、先程とは別の車椅子が同じ歩道を逆方向に進む。はて、その先に何か催しごとでもあるのか、それとも陽気に誘われただけか。

 留守番の家猫は、出窓で静かに眠っている。意地悪くガラス越しに声を掛ければ、目を覚まして不思議そうに此方を見下ろす。いつもなら見上げる相手だから、勝手が違い目を丸くしている。

 風もなく 汗ばむ陽気に コート脱ぐ
d0052263_1463477.jpg

[PR]
by tabigarasu-iso | 2015-02-19 12:00 | 随筆 | Comments(0)